製品情報

食品

スナック菓子

  • ロール製品

  • 紙製品

  • ジッパー付き袋

  • 自立袋

生産システム

私たちは、お客様の求める“色”を忠実に表現する為、常に情熱を持って取り組んでいます。
困難な表現に対しても、チャレンジ精神を忘れず製版部門ともしっかり協議し、ゴールの“色”を目指しています。

今までもこれからも、お客様の求める“色”を追求していきます。
先人たちが築き上げた三和工業の表現力を最大限に高め、更なる品質向上に努めていきます。

グラビア印刷機とフレキソ印刷機

グラビア印刷機の特徴

シリンダーと呼ばれる金属製の円柱の表面に印刷デザインを彫り込み、凹んだ部分に残ったインキを被印刷物に転移させる印刷方式です(凹版印刷)。
凹みの大きさ・深さにより微細な濃淡の表現ができるため、写真画像の再現性が高いことが特徴です。
プラスチックフィルムへの印刷に相性がよく、また版の耐久性が高いため、高速・大ロットの印刷に向いている印刷方式といえます。

フレキソ印刷機の特徴

樹脂版を用いた凸版印刷の方式です。
グラビア印刷と比べるとインキの塗工量が少なく、色の濃淡の表現は劣りますが、反面、細かい文字やシャープな表現が優れています。また、樹脂素材であるため平滑性の低い被印刷物への印刷に適していること、水性インキが使用できることから、食品の包材でも紙を使用したものに注目が集まっており活躍の場が増えてきています。

生産フロー

企画デザイン部門

商品のイメージを大きく左右するパッケージ。当社では、お客様の指示に加えて、独自のパッケージデザインを積極的に提案。内容物の特性・量・保存性・輸送性を考慮し、消費者の購買意欲をそそるデザイン作りを目指しています。

製版部門

優れたデザインをいかに忠実に製品化していくか。企画・デザインなどのソフト工程と印刷ハード工程とをつなぐ製版部門は、一貫生産ラインの中軸に位置づけられる大切な部署。高度な専門技術を誇るスタッフが最新鋭機を駆使して作業を行います。

印刷部門

食品包装の分野において、デザイン性とともに要求されるのが、その保存性。" 熱溶性が高い"、" 紫外線を遮断する"、" 機密性に優れている" といった様々な『機能』を持つフィルムに特殊な印刷が施されていきます。『機能』と『美』の両立がポイントです。

押し出しラミネート部門/ドライラミネート部門

今や食品包装において不可欠となっているフィルムラミネート加工。70ミクロンという1ミリにも満たない厚さの中に5~6層のフィルムを貼り合わせていきます。全国有数の最先端加工機器を導入し、独自の接着技術で包装機能を飛躍的に高めました。

スリッター部門

仕上がった包装資材を、高速回転でカッティング&ローリングするのがスリッター部門。多品種少量に対応するために、最新鋭のスリッター機11台を設置。印刷原紙4000m の作業にも対応する規模と品質チェックシステムが自慢です。

製袋部門

袋状のカタチに包装資材を整える製袋部門では、包装資材の素材に適した接着技術を備えた高速自動製袋機を装備。密封性と開封性という相反する課題をクリアし、あらゆるサイズ、カタチの商品にフレキシブルに対応しています。